コピー機のレンタルには様々なものがある

コピー機を自社で購入するのではなく、一定期間借りて使用する方法にレンタルサービスがあり、設備として所有することがないことから税金の面で非常に有利であると多くの企業が利用しています。しかし最近ではそのサービスも様々なものがあり、単純に税金面の優遇だけではなく実際に利用する上での利便性が大きく異なってくるので、その内容を確認した上で自社に合ったものを選ぶことが重要なポイントとなっています。しかし実際にはそれぞれの特徴を明確に把握していないために余分に経費がかかってしまったり、またトラブルが発生してしまうことも多いので注意をしなければなりません。一般的なコピー機のレンタルは契約期間内に希望した機器を借り受け、契約期間が過ぎたらこれを返却すると言うものです。

基本的に様々な保守サービスやメンテナンスサービスはその項目に含まれていることが多いため、安心して利用することができますが、その反面消耗品であるトナーや用紙などは自ら購入し補充しなければなりません。そのため、これらの消費量がどのぐらいかによっても明日の金額が変動する可能性があります。しかし、最近話題となっているコピー機のレンタルサービスの中には、印刷を行った枚数によって料金が変動すると言うサービスも多くなっており、あまり利用しないと言う企業にとっては非常に便利なものとなっています。単純に機器を借りる場合には印刷枚数によらず機器のレンタル料金が必要となりますが、枚数によって料金が加算される方式の場合にはその基本料金が非常に安いため、効率よく利用できるメリットがあります。

コピー機のレンタルのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*