コピー機レンタルのメリットと注意点

短期間だけコピー機を利用したいけれど、新しく購入するのではコストもかかりすぎてしまい対処に困っているという場合には、レンタル契約を利用することをおすすめします。コピー機などの事務機器を貸し出しするサービスは主にレンタルとリースの2種類がありますが、前者は数日から数ヶ月まで短期間使用するという方や個人で利用したいという方に向いている方法ですが、後者は数年間と長い期間契約をする法人に限定されてしまうので、手軽にコピー機を使用したいのであればレンタル契約がおすすめです。実際にコピー機をレンタルすることのメリットとは、まず契約期間が短いことから新設法人をスタートする場合や新規事業をスタートする個人事業主でも手軽に複合技やコピー機が導入できるようになり、幅広いユーザーが利用出来ることが挙げられます。そして何より個人でもレンタルすることが可能なことがメリットであり、家電量販店で販売されている卓上インクジェットプリンターよりも印刷品質に大きな差が出るレーザープリンターが利用できるので、ビジネスの場でも非常に役立ちます。

そしてリース契約など長期的な契約になると高額料金が発生するため、本来は連帯保証人を付けて審査を行う必要があり、個人では利用しにくいというデメリットがありました。しかしこの契約ならば審査がなく個人でも簡単に導入することが出来ます。反面注意点としては、初期費用が発生する場合が多く、初回に搬入設置費用や本体代が掛かってしまいます。他にも機種の選定を行うことは出来ないので、借りられる機種には制限があると理解しておきましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*