コピー機のレンタルとリースの違い

コピー機を購入しようとすると高額なコストがかかってしまうので、レンタルやリースをして利用する企業が増えてきています。コピー機のレンタルは、コピー機を借りる契約をすると利用をすることができて、さまざまなメリットがあります。レンタルのメリットは、最短で1日から借りることができる会社があるのでとても便利です。必要なときに必要な日数を利用することができるので、ムダな費用を削減することができます。

一般的には2日から3日ほど借りることができるケースが多く、短い期間にコピー機を使用したい方に向いています。リース契約の場合は長期間の契約になりますが、いろいろな機種の中から選ぶことができます。リースとの違いはいつでも契約を解約することができます。リース契約の場合は、期間満了になるまで解約をすることができない場合が多いのですが、レンタルの場合は、いつでも解約が可能な会社が多いので、融通がきくことも利点の一つになります。

コピー機自体の所有権がレンタルする会社になるので、購入したときに計上しなければならない減価償却などの税金の面でもメリットがあり、節税対策にもなります。審査がないことも借りやすい点になり、必要なときに利用することができるので、急ぎの場合など重宝します。初期費用などが発生するので、どちらの契約にするかは、それぞれのメリットなどを比較して、会社での利用頻度などを考慮して契約する必要があります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*