コピー機をリース契約するメリットと注意点

コピー機をリース契約するメリットは初期費用がかからないという点で、レンタルの場合だと初期費用として導入費用がかかってしまいますが、リースの場合はそれがないので資金を別の使途に回せるといったメリットが生まれてきます。さらにコスト面が分かりやすいのも大きなメリットで、リース費用は経費として計上することが可能で毎月の費用が固定されるので、ランニングコストとして把握しやすいメリットを得ることができます。他にも月額費用の安さや最新機種が導入できる点も魅力で、レンタルよりも長期間の契約となる分だけ月額換算した場合の費用が安くなりますし、レンタルでは導入するコピー機を選択することができませんが、リース契約では最新機種を導入できることもあるため、より質の高い運用が可能になるといえます。コピー機をリース契約する場合では、トータルの費用が高くなることを考慮する必要があり、契約満了時には本体を購入した場合よりもコストが高くなるのが一般的となっていて、内訳は本体価格だけではなく金利・保険料・手数料などの付加的な費用も含めて高額になるので注意が必要になってきます。

利用する期間が不透明なまま契約してしまうと、契約期間が満了する前にコピー機の必要性がなくなるケースも出てきてしまいますし、その後の支払いに苦しめられることも考えられるので、途中解約ができない分だけ契約期間については十分に考える必要があるといえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*