場所を選ばない内容のカレンダー印刷を考慮に入れる

取り引きが長期化すると、カレンダー印刷を済ませた完成品を先方に渡す慣習ができます。受け渡しの段階で好意的に対応してもらえても、実際に使用してもらえるか否かは内容しだいです。簡素で場所を選ばないものなら、使用開始時期が到来したと同時に取引先の活動拠点に登場すると考えられます。業務を遂行する目的で用意される空間ですから、あまりにも趣旨とかけ離れたものを使用する決断は下せないからです。

カレンダー印刷を始める前には、大多数の取引先に受け入れてもらえる内容を考える必要があります。余剰人員に一任する方法を採用する企業が多い傾向にありますが、カレンダー印刷は第三者も交えて完成を目指すべきです。ともに仕事を進める間柄の人員だけで考えをまとめようとすれば、どこかで妥協せざるを得なくなります。その場限りの集まりではないために、無難な発言ばかりを繰り返して建設的な議論が進まないからです。

その一方で、カレンダー印刷が完了するまでの期間中だけ参加する第三者も取り組むことによって洗練された内容が想起されやすくなります。カレンダー印刷にのみ集中することを指示された人物ですから、妥協がない発言を連発できます。取引先に認めてもらう完成品を生み出すためには、当事者意識を強く持たなければなりません。良いと感じた考え方を前面に押し出すことが可能な第三者の存在は、完成度を高めるためには欠かせないというわけです。

場所を選ばないものができれば、企業の存在を広く感じさせられます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*