酸素カプセルのリース契約をするメリットとは

サロンなどに酸素カプセルを導入したいと思う場合、何と言っても高額の買い物になってしまうため、実際に購入することには多少の心配があるかもしれません。そのような場合、酸素カプセルをリースするかレンタルすることも可能なのです。それぞれに異なるメリットやデメリットを持っていますから、よく検討した上で決定するようにしたいものです。では、酸素カプセルをリース契約することには一体どんなメリットがあるのでしょうか。

その一つは、レンタルする場合と比べて安価に導入することができるというものです。もちろん、いつでも解約できるレンタルと比べて、途中契約は無効であるという点で多少のデメリットがあるのも事実です。しかし、リース契約をした場合、新しい機種が出たらその機種に変更してもらうこともできるというメリットがあるため、こちらの方法を選ぶ人も多くなっています。一般的に言って、酸素カプセルをレンタルする場合は、契約期間が終了したら当然のことながらカプセルを返却する必要があります。

それに対して、リース契約にする場合は多少異なっています。基本的に二年などを一区切りとして契約をすることになりますが、その契約期間が終了した後に必要であると思えば、買い取ることも可能となっているのです。実際、最初から酸素カプセルを購入するとなれば、減価償却となりますが、リース契約にするなら毎月の経費に計上することができるため、税金面でも大きなメリットがあると言えるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*